Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Trac

Tracのカスタムフィールドで複数選択可能にする

久々にTracネタです。 Tracのカスタムフィールドでは、複数選択可能なmultiselectは定義できません。そこで、syoさん作成のMultiSelectListPluginを使わせてもらっていましたが、入力項目が増えると入力しづらくなってきました。 特に、サイズが固定されてい…

TracでGitリポジトリの作成をできるようにしてみた

ちょっとしたことなんだけど、RedmineにできてTracにできないことの一つ。 GitPluginを使うとリポジトリにGitを設定できるようになりますが、既に存在するリポジトリのパスを設定する必要があります。 わざわざSSHででログインし「git init」するのは面倒な…

TracBacklogPluginを試してみた

久々にTracネタです。 RedmineのBacklogsが中々評判が良いようですが、TracにもTracBacklogPluginという似たような名前のプラグインがあります。RedmineのBacklogsプラグインみたいに高機能ではないですが、チケットをスプリントにドラッグ&ドロップで振り分…

RevisionGraphPluginに機能追加

Gitのコミットログをグラフィカルに表示するTracプラグイン、RevisionGraphPluginにちょっと機能を追加。 これまたTrac-0.13に追加されている機能ですが、Change Logのページでブランチ名、タグ名を表示可能にしました。例えば↓の画像のように出ます。なお、…

Trac0.12でGitのコミットログを可視化してみた

ふとまだ開発中のTrac-0.13のリリースノートを見ていたら、「Added a visualization of the revision graph in the revision log.」なんてものを発見。 対応するチケットはこちら。どうやら、GitなどのDVCSに限った機能のようですが、チケットに添付されてい…

Shibuya.trac勉強会第11回でReportInclude、WorkTimeプラグインについて話しました

4/13にShibuya.trac勉強会第11回でReportInclude、WorkTimeプラグインについて発表させていただきました。ReportInclude、WortTimeは1年半前くらいに作った物なんですが、@LightningXさんに今回企画していただいてプラグインの活用事例とともに紹介させてい…

Tracのマイルストーンを階層化する

久々にTracネタです。ちょいと前の日記ですが、id:BasicさんのTracのマイルストーンを階層化したいという話は、以前関わっていたプロジェクトでも同様にやりたいと意見が出ていました。その時は、Trac Hacksを眺めてそれっぽいことができそうなExtendedVersi…

TracDragDropPluginをChrome7.0betaに対応

id:jun66j5さんが作成された便利なプラグイン、TracDragDropPluginですが、Google Chrome4には対応しているそうですが、自分が普段使っているChrome7.0betaでは残念ながら動かない。デバッグしてみると、HTML5かGoogle Gearsの判定がうまくいっていない模様…

チケット複製プラグインにさらにちょっと機能追加

本当にちょびっとだけ機能追加です。任意のコメントを追記できるようにしただけ! ソースはShibuya.tracのリポジトリにあげました。http://sourceforge.jp/projects/shibuya-trac/wiki/plugins/TicketClonePlugin

チケット複製プラグインにちょっと機能追加

Edgewallがサンプルとして公開しているチケット複製プラグインのticket_clone.pyにちょっと機能追加してみた。元々のticket_clone.pyは、チケットの詳細画面に"Clone"ボタンを追加し、クリックすると複製元のチケットデータが入力された状態で新規チケット作…

ITemplateStreamFilter#filter_streamでHTMLテンプレートを使用する方法

良く忘れるのでメモっておきます。 ITemplateStreamFilter#filter_streamでHTMLを動的に追加したい場合に、HTMLをpyファイルにハードコードするのではなく、HTMLテンプレート化したい場合があります。特に、結構複雑なHTMLになってくるとテンプレート化した…

MailArchiveExt拡張中

WorkTimePluginはちょっと一休みです。Trac温泉で作成したものは若干ブラッシュアップしたんだけどWikiに書いていない。早くShibuya.tracに書かないと。 最近は細々とMailArchiveExtを拡張中。そろそろ某翻訳作業もやらないといけないなぁ...MailArchiveExt…

Shibuya.trac温泉に参加

自分は、WorkTimePluginを拡張することに 締め日を指定して月間レポートを出力するTracMacroを作ってみる 結婚準備で最近はいじってなかったので、自分のコードを理解するのに午前中の大半を費やす... 反省して、今回修正したところはテストコードも少し書い…

Mac OSX(Snow Leopard)でTrac0.11.5.ja1+PostgreSQL8.4環境を作ったよ

WorktimePluginをPostgreSQLで使ってみたい方がおられるので、対応を試みるために、MacにPostgreSQL環境を作りました。ちなみにPostgreSQLを触るのはこれが初めて!構築中に結構はまってしまったので、せっかくのでメモっておきます。誰かの役に立つと良いで…

PySQLite2.4.1+でマルチバイトを扱う時の注意点

うちのMacで、MailArchiveExtPluginでTracに日本語メールを取り込むと、以下のエラーが発生するようになってしまった。 ProgrammingError: You must not use 8-bit bytestrings unless you use a text_factory that can interpret 8-bit bytestrings (like t…

WorkTimePluginの状況

DQ9に負けずに進んでおります。 レポート機能 特定のチケットのフィールドで集計し、月ごとに各ユーザの合計作業時間を出力 レポートは、CSVファイルにエクスポートすることも可能。主にExcelで加工すること想定。 Burndown Chartの表示(お試し版) twitterで…

WorkTimePluginの連休中の進み具合

連休はDQNで忙しくてあんまり開発できず... 追加機能は、権限による制御を可能にしたくらい(今までは誰でも他人の時間を入力できる状態になってました)。以下の3つの権限を追加してます。 WORKTIME_MODIFY … 自分の作業時間入力を行う権限 WORKTIME_ADMIN ……

TracReportsのテーブルorグラフの非同期描画対応

ReportIncludePluginに機能追加。重いSQLがあると、マクロを貼付けているWikiページを開くとしばらく固まってしまうので、SQL発行->テーブルorグラフ描画を非同期でやってみた。忘れそうなので実装メモを書いておく。 マクロが返す内容は、Ajaxによる非同期…

作業時間記録

Shibuya.tracのWikiに簡単に機能紹介を書いておいた。フィルタリング機能は、クローズを含む/含めないだと、チケットが膨大になってくると使えなくなると思われるので、今月クローズされたものを含む、1月前クローズされたものを含む、2月前、3月前、全て、…

作業時間記録プラグインの状況

DQNにやられっぱなしですが、ちょっとずつプロトを作ってます。 表示するチケットのフィルタリング、グループ化を設定できるようにした。 フィルタリングは、特定ユーザの担当のチケットの表示に加えて、 クローズチケットも含む CCとなっているチケットも含…

久々に更新

DQNにはまっているせいで中々更新できていません。。。ReportIncludeプラグインの方ですが、ちょっとだけ更新してバージョン0.2として密かにコミットしておいた。変更内容 凡例の表示位置を、legendLocオプションで指定できるようにした。グラフと重なって見…

worktimeplugin進まず...

今更だけどDQ9買ってしまったので進まずorz現状のプロトはこんな感じ。 コンポーネントorタイプorマイルストーンごとに分類してツリーテーブル表示 jQuery treeTable Pluginが偉いだけです クリックするとその場で時間入力可能に jQuery in place editorが偉…

作業時間の記録プラグイン

テーブルで作り直し中です。とりあえず編集可能になったけど、保存後ESCキーを押すとなぜか画面から消える。。。でもDBには保存されているのでF5リロードすると復活する。うーむ。。。

worktimepluginのUI

ganttcalendarpluginを再利用しようと思ったけど、画面が思ったより複雑で挫折(>_tableを使って、かつ以下のjQuery Pluginでさくっと作った方が楽そう。 TreeTable http://plugins.jquery.com/project/treetable Edit in Place http://code.google.com/p/jqu…

ReferenceError だと

LinuxでTracMailArchiveExtを動かしてみたらエラー出まくってびっくり。ReferenceErrorだとさ。 Yeah, PySQLite uses weak references between cursors and connections http://osdir.com/ml/python.db.pysqlite.user/2003-12/msg00044.html これかな。。。…

MailArchiveExt少し修正

このプラグインも進めないといけないのだが時間が... 久々に機能追加。 メール詳細ページにスレッド表示を追加 →スレッド表示があれば関連するメールはいらないかな? チケットのページに、関連メールのスレッドを表示を追加 メール一覧ページで、ツリー表示…

チケットのステータス変更時の日付を記録するだけのプラグイン

QueryChartから抜き出して作ってみたんですが、動作が微妙な部分があったり、想定どおり動かないのでロジックを全体的に見直してみた。 ついでに、管理コンソールからのリセットも、指定したチケットだけ行えるようにもしてみた。まとめて指定したい場合は、…

Tracで作業時間記録

RedmineのWorkTimeプラグインライクなUIを、GanttCalendarPluginのテンプレートを参考に試しに作成中。GanttCalendarPluginはtableタグでなくてdivタグでCSSで制御しているのですね...

TracReportの埋め込み

もはやTracReportのインクルードよりグラフ描画がメインな気がする。 Shibuya.tracのWikiに利用方法とイメージを書いておいた。http://sourceforge.jp/projects/shibuya-trac/wiki/plugins%2FReportIncludePlugin列ごとに、グラフの種類を変えたりとか、Y軸…

作業時間の記録

このユーザインタフェースはTracにも欲しいなぁ...http://code.google.com/p/kusu/wiki/WorkTime

jqPlot化してみた

jqPlotも若干微妙な点があるな〜

グラフライブラリ見直しか...?

HirobeさんのQueryChartを参考に作ったので、グラフライブラリはflotをそのまま使ってましたが。が、flotでは書きたいグラフがかけん...(やり方をしらないだけの可能性もある)jqplotのように、1つの点に対して複数の棒グラフを描きたかったのですが。。。 ht…

可変項目にも対応

TracのWikiにちゃんと書いてありますが、TracReportsのクエリーの中では動的変数が使用可能です。 上級トピック: 動的変数の使用 レポートに汎用性を持たせる手段として、 動的変数 をレポート SQL で使用する方法が あります。簡単に言うと、動的変数とは、…

使えそうなSQL

TracReport取り込み(というかグラフ化プラグイン)ですが、SQLがどうしてもポイントになってくる。なので、有用なSQL例をどこかで共有できればなぁと思いますが、、、 自分も余りここらへんのノウハウは持っていないので色々と知りたいというのがあります。…

インストール失敗

週末に作ったTracReport取り込みのプラグインを会社で使ってみたようと思ったら、インストールに失敗。。。 すいません、setup.pyの記述不足でした。。。自分のPCでは、python setup.py developで稼働確認を行っていたので気づかず(>_ まだまだお試しバージ…

TracReportをWikiに取り込む&グラフ表示 のプラグイン

trachacksを探しても、ありそうで無かったので作ってみた。TracQueryで、クエリーを投げて結果をWikiに貼付けられるけども、SQLガリガリ書いたレポートだとこれでは無理なので。まだ、日付の変換処理やグルーピングには対応していないので、TracReportそのま…

MailArchiveExtPlugin

Pythonの勉強も兼ねて、大幅に構成変更中です。しかも文字化け問題など起きてます...もうちょっとリファクタリングが済んでから、GoogleCodeからShibuya.tracに移行したいと思います。

Shibuya.trac勉強会参加

今回も若干遅刻してしまいましたが行ってきましたよ。参加2回目です。Eclipseプラグイン(Mylyn)とかExcelとかMSProjectといった他ツールとの連携系のお話から、Trac以外のツールとの比較のお話、開発プロセスのScrumのお話と色々ありましたね。Shibuya.trac…

MailArchivePluginでメールを残しつつパフォーマンスを上げる

MailArchivePluginでのメール取り込みはまだ試験的な感じなので、メールサーバ上からメールは削除しない設定としています。しかし、これだとメールの取り込みに段々時間がかかってしまうようになってしまいました。。。また、メール取り込み中はDBにロックが…

MailArchivePluginをハック

先週末に試しにハックして作ってみた。GoogleCodeにとりあえず置いています。以下の機能をオリジナル版に追加しています。 HTMLメールに対応 複数のメール取り込みに対応 メールからチケットの作成機能を追加 メール受信時の動作を拡張可能に メールフィルタ…

MailArchivePluginカスタマイズ

どうやらHTML形式のメールには現在対応していなくて、HTML形式メールを受け取ると固定でHTMLと表示されちゃいます。HTML形式のメールなんて普通使わないけど、まぁ中には送ってくる人もいるわけで。。。というわけでHTML形式メールを表示するようにハックし…

MailArchivePluginをカスタマイズしたい...

MLなどのメールを保管し、Tracにて表示・検索するためのプラグインです。 プロジェクトですでに使用しているMLがあり、その内容をTracで一元管理したい場合にお使いください。 ( EmailtoTracScript の様に、メールをチケットに投入する機能はありませ…

TracのMailArchivePluginで複数のPOPからメールを取り込みたい

メール中心で課題管理がされていたので、Hirobeさん作のMailArchivePluginを入れてみました。大変便利なのですが、現状、1つのPOPアカウントからしか読み込みできないのが残念。mailarchive-admin.pyをいじれば対応できるかな〜と思ってたら、既に先駆者がお…

TracHoursPluginでは駄目だって...

TracHoursPluginを入れてデモってみたが、要件に合わないらしい。 そのチケットにかかった作業時間だけ入れても駄目 担当者の1日のその他の作業時間も記録した上で、チケット単位の作業時間が測定できないと意味ないらしい 理由は、チケットの作業時間だけ入…

TimingAndEstimationPluginとTracHoursPlugin

ざっくり見てみた感じだと、こんな感じですかね。 - TracHoursPlugin TimingAndEstimationPlugin 記録するもの 見積もり、時間、総時間。総時間は自動計算 見積もり、時間、総時間。総時間は自動計算 レポーティングのカスタマイズ性 専用のページからフィル…

Tracで作業時間を記録

諸事情であるタスクに対して作業時間を細かく記録することを求められそうになっている。。。このままではExcelやMS Projectで記録する方向に流れそうなので(それだけは避けたい)、Tracで開発者になるべく負担をかけずに記録する方法がないか調べてみる。前…

TracのWikiをEclipseで編集するプラグイン

Trac Hacksのタイムラインをなんとなく眺めていたら見つけた。比較的最近できたみたい。WikiEditorForEclipsePlugin - Trac Hacks - Plugins Macros etc. - TracTrac用のEclipseプラグインと言えば、EclipseTracPlugin - Trac Hacks - Plugins Macros etc. -…

SQLiteのデータのExport/Import

ちょっと作っていたTracプラグインのデータのDBスキーマを若干変えたいのだが、SQLiteはカラム名の変更は行えないのか。追加はできるんだが... テーブルそのものの操作方法(テーブル名変更・列の増減など) - OVERT MEMO なので、データのExport/Import方法…

Adobe Airで実装されたTracフロントエンド、Traction

ちょっとインストールしてみたけど、まだまだこれからって感じだなー。 一覧表示しつつそのまま編集できる(Excelのように)のはRIAならではですな。http://traction.effectiveui.com/?page_id=3

メモ

vimからTracにアクセスする。 * http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=2147